MENU

出会いそして結婚、終焉の離婚

私が夫と運命の出会いをしたのは大学のサ−クルでした。もともと高校もスポ−ツをしていたので大学に入ってすぐのサ−クル勧誘のときに夫はテニスサ−クルだったのですが、部員もすごく明るい人たちで特に夫はおふざけが得意なようでム−ドメ−カ−だったようでした。そんな楽しい雰囲気に押され、返事を聞かずに部室に連れて行かれてすぐに自己紹介が始まりました。どの先輩も優しくて楽しい人たちだったので、そのままテニスサ−クルに所属することになりました。初めての私に率先して、いろんなことをとても優しく教えてくれたのは夫でした。そのときから夫と私は惹かれあい、そのまま6年交際のすえ沢山の人に祝福されて結婚しました。

 

幸せな時間はあっという間に

結婚当初は本当に仲が良くて、二人で海外旅行にも何度も行ったり国内旅行も年に最低2回は行くほど旅行好きで、旅先でテニスコ−トを借りて二人で楽しく盛り上がっていました。両親に「早く孫の顔を見せて欲しい」と言われていたのですが、二人で過ごす時間がとても楽しくてすぐに妊娠するのももったいないとお互いに思っていました。それより、二人で次は何をしようかと考えることが多く、すっかり子どものことは忘れて二人の時間を楽しんでいました。そうしているうちに、少しずつ貯金もなくなり始め、頻繁に行っていた旅行も回数が減り、二人の楽しみが減ってきたせいか会話も減っていきました。しかし、年数が経てばそんなものだとあまり考えないようにしていたら、気が付くと個々で行動することが多くなっていることに気づきました。もちろん、夜もご飯を作って待っていても、仕事で遅くなったり接待で外食が増えるようになり、私は実家でご飯を食べることが多くなっていきました。そして、そのまま実家に泊まることが増えたので二人の夜の生活やスキンシップなんかもほとんど無くなっていきました。

 

結婚4年目のできごと

ラブラブだった新婚生活からあっという間の結婚4年目の出来事です。実家から家に戻ったときに、いつも同じところにあるものが移動してあることに気づき、あれ?と思いました。リビングに置いてあった旅行写真の写真たてが無い?おかしいなと探していると、今度は寝室のカバ−が新しいものに変わっていました。以前使っていたシ−ツを探すと、なんとベランダのゴミ袋の中に入っていました。完全におかしい。夫以外の影をひしひしと感じました。その日、夫の帰りを待って今日の事を聞くと写真たては酔っ払って倒してしまったので割るといけないと思って移動したとのことで、シ−ツは汚してしまったから思い切って捨てたというのです。すぐにゴミ袋を開けてシ−ツを見たのですが、別に汚れているところもまったくありませんでした。しかし、夫は汚したと思ったから捨てたというのです。自分では買い物に行かない夫がなぜシ−ツを!?と聞くと、夫の姉が持ってきてくれたというのです。夫の姉は遠方に住んでいるので、わざわざシ−ツの為に持ってくるわけがありません。その後も、夫の持ち物など、夫がお風呂に入っているときや寝ているときに見るのですが携帯はロックがしっかりかかっていたり、浮気の証拠になるような品などはまったく見つかりませんでした。<頭にきた私>その後も、こちらが忘れた頃に実家に帰った次の日などにまた、同じような異変を感じることが度々あり、浮気の証拠になるようなものが無いか探すのですが、これといったものも無く終いに夫に「おまえは頭がおかしくなったのでは?医者に行った方がいいぞ」と病院の情報を書いたメモまで渡してくるようになり、さすがの私も頭にきました。ネットで浮気の証拠について調べたところ、GPSやメ−ルなんかの履歴だけではダメなようでビックリしました。やはり一番いいのは相手と一緒にいるところの写真や動画が決め手と書いてあり愕然としました。確かに携帯は確認しようとしてもロックがかかっているので開けることもできず、夫に言えばさらに隠されてしまうだろうし、かといって夫を密かに尾行しようかとも思いましたが、夫は営業の仕事をしているのでお客さんの接待なのか、それとも浮気なのかは長期で調べないと一度尾行したからといって答えが出せるわけではなさそうなので、やはり素人では尻尾はつかめないかなと思うと空しくて涙が出ました。まさか自分の夫が浮気をしているなんて、そう思うと一気に絶望に思えて仕方ありませんでした。

 

友達の助言

一気に絶望の淵に立たされた私は、実家に引きこもりになってしまいました。実家に何日いても夫はもはや心配もしてくれません。親も心配してくれるのですが、しゃべる元気も失ってどうしてこんな風になったんだろうと思って涙が出る毎日を過ごしていました。みかねた友人がしつこく電話をしてきてくれて、一度外に出てこないかと言われ、しぶしぶ喫茶店に行きました。友人は私を見るなり「なに一人で悲劇のヒロインしてるの!?便利なこの世の中なのに」というのです。私には意味がわからなくてポカ−ンとしていると、友人は「こんな時はプロに頼むのが一番でしょ!」と一枚のメモに”原一探偵事務所”の名前と住所、HPアドレスが書いてありました。友人がいうには、親戚の人で同じように夫の浮気に悩んでプロの探偵に依頼をして解決したと言うのです。今まで家で天井ばかり見ていた私の体に一気に血がみなぎり「どういう感じなのか教えなさいよ!」と前のめりに聞きました。

 

一本の電話がタ−ニングポイントに

友人は、とにかくいろんなケ−スもあるし、ちゃんと相談に乗ってくれるからまずは電話をしなさいよ!とメモをしっかり私の手に握らせて颯爽に帰っていきました。こんなに嬉しい気持ちになったのは久しぶりでした。今日までの自分が本当に情けなく思えて、急いで家に帰りました。家に帰ってさっそく原一探偵事務所に電話をかけてみました。本当に大丈夫だろうか・・・ドキドキが止まりませんでした。電話をかけると優しそうな女性の相談員の方が丁寧に私の話に耳を傾けてくださり、そして気持ちに共感してくださり一気に信頼へと繋がりました。今まで、親には相談しても「夫婦なんだからお互いの悪いところもあるでしょ」といって、あまり話をまともに聞いてくれませんでした。夫婦の営みの話なんかは親にもできないし、友達に相談するといっても証拠も無いし恥だしと思うと結局一人で悩んでいたことに気づき、一気に想いが溢れ涙が止まりませんでした。こんな私の長いお話も最後までしっかり聞いてもらえ、本当に本当にありがたかったです。その後、実際に面談したのですが、電話ですっかり心を開いた私は「ここにお願いするしかない!」といった安心感と開放感でいっぱいになっていました。お話を進めていくと、友人が自信を持って私にオススメした理由がすごく分かりました。昨日までの絶望の淵に立たされた私はどこに行ったのかと思うくらい、前を向いてしっかり歩く自分がいました。

 

原一探偵事務所のスゴイところ

とにかく、初心者でもわかるくらい細かい説明と内容の透明化といったらいいのでしょうか。例えば、一番心配なのは料金だったりしますよね。出せるものがなかったら前に進めないものです。当時、私も旅行にお金をつぎ込んでしまったので貯金が底をつきていました。ある程度のお金しか出せなかったのですが、できる範囲のことはさせてもらいますので安心してくださいねと言ってくださった時、こんなに頼れる人は自分の身近にいなかったと心からありがたい気持ちでいっぱいになりました。HPを見ても、しっかりと料金の目安が書いてあるので、どこまで自分はできるかなども話し合いました。また、内容も誰が見ても納得できるように使われる機材や車両、人員なども細かに計画を練ってくださるので「さすがプロだな」と唸ってしまうほどの徹底したレベルでした。これでうまくいかないはずは無い!というところが一番の大きなポイントかもしれません。そして、出来上がった証拠写真は完璧なほどのクリアな写真で「人違い」と言い訳もできないほどの完璧さでした。プロの根性が詰まった情報にただただ感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

その後

原一探偵事務所に依頼して出来上がった証拠を持って、夫との話し合いをしました。私はこういった大々的なことをすると決まって逆ギレとか大喧嘩の修羅場が待っていると覚悟をして話し合いに望みました。しかし、私が悩んだりどうしようと不安に思っていた結果ではなく、夫はすんなり浮気を認め、結婚して初めて夫の大粒の涙と土下座を見ました。本当にビックリしました。夫はずっと後悔していたようで、もう一度やり直したいと懇願してきました。私も探偵事務所で相談させてもらったときに、もし離婚を望み裁判をするならとその後の流れ等を教えてもらって、それに応じて証拠のレベルを決めました。あまりお金が無かったことと、離婚はあまり望んでいなかったのでそれに応じた証拠写真だったのですが、夫には効果てき面の結果となり、こんなことならもっと早くプロの方に相談していたらと思うと悔しい気持ちになりました。それからは、お互いにいろんな話を沢山して離れていた気持ちもかなり取り戻すことができました。本当に原一探偵事務所にお願いしてよかったと心から思っています。もし、身近に浮気や悩み事がある人がいたら、早く教えてあげようと思っています

このページの先頭へ